用途別に見た自動車

自動車を用途別に見ると

前頁で紹介した車の他にもいろいろな車があります。
車を使用する目的によっては、使用することもあるでしょう。
福祉車両、オープンカー、キャンピングカーについて書いています。
福祉車両は、両親が恒例になった場合は、使用する機会があるかもしれません。

福祉車両

高齢者や、体に障害がある方向けの車です。
介護する方に、使いやすいように設計された車や、運転する人が体に障害があっても運転しやすいように設計された車です。

車椅子のまま、乗車することができたり、要介護者が車椅子から乗車するときに、介助者が乗せやすいように椅子が自動で回転したり、乗せやすい位置まで動いたりする車があります。

体に障害がある運転者の場合でも、運転しやすいように運転の補助機能が付けてあります。
福祉車両を購入する際は、消費税が免税されるなど、優遇制度が受けられる場合がありますので、その辺も調べてから購入することをお勧めします。

キャンピングカー

山などにドライブに行った際に、キャンピングカーとすれ違ったことはないですか。
室内に、トイレやシャワー、テーブルやキッチンなどがある車です。
キャンピングカーをみるとワクワクします。
子供の頃、移動できる家のようで、いろんなところに行けるし羨ましいと思っていました。

キャンピングカーは、車が止まっても電気が使用できるようになっています。

エアコンが付いているキャンピングカーもあるそうです。
キャンピングカーで気になるのが、トイレはどうなっているのかということです。

調べてみましたら、国産では、ポータブルトイレといって持ち運びができるトイレとカセット式トイレと言って、車に備え付けられているトイレがあるようです。

カセット式トイレには、汚物タンクが備え付けてあり、ポータブルトイレ、カセット式トイレ、どちらも、汚物が溜まったら、自宅のトイレに運んで流せるようになっているそうです。

臭いが気になりますが、臭い対策もしてあり、そこまで気にならないようです。

また、水は、給水タンクに水をためていて、それをくみ上げて供給します。
キャンピングカーは、大型のイメージがありますが、最近では、軽自動車のキャンピングカーもあります。

オープンカー

天気が良い日には、オープンカーに乗って、風邪に打たれながらドライブを楽しんでいる人を見かけます。

オープンカーに、あまり乗ったことがないので分かりませんが、窓を開けて走行することはあるので、気持ちよさは想像できます。

見た目にもカッコイイ車が多いです。
雨が降ったときは、どうするのだろうと思いますが、ちゃんと屋根が閉じるようになっています。

気持ちが良さそうなオープンカーですが、埃がたまりやすい、日焼けしやすい、虫や鳥のフンが落ちてくるなど、現実的に困る面もあるようです。