交通安全協会とは何か?

先日、運転免許の更新のはがきが届きました。私の場合、ゴールド免許なので、更新手続き&交通ビデオの視聴のみ。時間を見繕って近くの警察署に足を運びました。

思ってた以上に狭い署内に何人か警察官がいましたが、誰一人私に挨拶をする人間はおらず、チラ見するのみ。暗ーい印象を受けました。

最初の受付をした女性の警察官、めんどくさそうに手続きの流れを話し始めましたが、せめて人の顔ぐらい見てしゃべりませんか?

けだるそうな彼女の受け答えに、こちらはすごく不愉快な気持ちになりました。

警察官のみなさん、私達納税者なのだから、元気よく挨拶した方がいいですよ。

話を戻します。

運転免許更新手続きの際、唯一流暢に話しかけてくる女性がいました。

カウンターの内側にいたので、警察関係者だと思いますが、その女性がタイミングを見て話題を変えてきました。「〇〇さんは、安全交通協会の会員だと思いますが、更新されますか?」



交通安全協会の入会、更新は任意です

交通安全協会は、道路交通の安全を目的とする日本の非営利法人です。

会費は次の免許更新日までの期間の総額で2000円前後。

詳しくはWIKIPEDIAにわかりやすくまとめられています。

↓↓WIKIPEDIAからの引用

職員の多くは、退職警察官である(天下り)。多くの都道府県において、運転免許証の更新時講習を都道府県警から委託されており、都道府県警から支払われる委託費用が、収入の多くを占めている。

交通安全協会への加入は、個人の任意である。しかし、運転免許証の更新時講習が行われる警察署や免許センターや運転免許試験場の窓口において、加入が任意であることを十分に説明しないまま、あるいは全く無いままに、免許更新の事務窓口と同一の窓口において、加入手続きが行われており、利用者が『加入を義務である』と誤認・錯誤する事例が後を絶たなかった。

引用元:交通安全協会について 会員勧誘・会費徴収方法


↑↑引用ここまで

交通安全協会の更新をはっきりと拒絶しました

交通安全協会の会費は5年で2000円程度。

決して高いわけではなく、払ってもいいかなと思う人も少なくないと思います。 それで、私は前回の免許更新の際に、交通安全協会に入会し、会費を払いました。

そして、先日、交通安全協会の更新を求められたのですが、相手の話を聞き終わる前に、「任意ですよね?更新しません。」とはっきりと拒絶しました。

一番の理由は、警察署に入った時感じた、じめっとした印象。

「地域の安全を守り~」というなら、まず署を訪れた納税者、市民に対し、大きな声で「こんにちは!お疲れ様です!」と挨拶すべき。

挨拶一つなく、笑顔一つない警察署に誰が足を運びたいと思いますか?

それから、「任意」なのに、できれば入会してもらいたいというような「半強制」の空気を感じたので、もう金輪際絶対に入会しないと心に決めました。

「更新しない」といった私の言葉に対し、更新を求めてきた中年の女性事務員は「え?更新されないのですか?会費で私たちはこのような意味のある活動をしているのですよ。」と無念そうに返してきたが、任意なのであれば、いちいち勧誘してこないでほしい。「相手を傷つけないように自然に断る」行為も結構ストレスなのですよ。